NHK杯将棋トーナメント準々決勝、広瀬章人 竜王と郷田真隆 九段戦の棋譜まとめと感想

NHK杯テレビ将棋トーナメントを毎年楽しみに見ているottoです。



今期もついに準々決勝の段階にきましたね!

今までの放送で、ベスト4には

森内俊之 九段

丸山忠久 九段

・羽生善治 九段
が決まっており、残りは

広瀬章人 竜王と郷田真隆 九段の勝者

になります。

今回は序盤から激しい戦いになった広瀬章人 竜王と郷田真隆 九段戦をまとめたいと思います。


NHK杯テレビ将棋トーナメント準々決勝第4局

対局のルール

振り駒にて先手後手を決める。持ち時間は各10分(チェスクロック使用)、切れたら一手30秒の秒読み。その他に1分単位で10分間の考慮時間あり。


広瀬章人 竜王VS郷田真隆 九段戦。棋譜




矢倉模様の急戦に

NHK杯将棋トーナメント準々決勝、広瀬章人 竜王と郷田真隆 九段戦の棋譜

久しぶりに見る相矢倉かな!という序盤の進行からの△7三桂や△8五歩と形を決めた広瀬章人 竜王。形を決めすぎているのでどうなのかなと思っていると郷田真隆 九段も流れに乗って▲4六銀と攻めの姿勢を見せる。

この辺りは将棋の呼吸ですよね。相手の手に合わせるように。バランスを取っています。

銀河出て来たので角道を止める。歩越し銀には歩で対抗の形。

こうなってみると雁木かなとワクワクして来ます。




NHK杯将棋トーナメント準々決勝、広瀬章人 竜王と郷田真隆 九段戦の棋譜

雁木風の囲いに

やはり雁木に組もうとする広瀬章人 竜王。しかし、最近のプロの対局ではまず雁木に組めないことが多く、速攻を仕掛けられてしまいます。今回も弱点の▲3五歩から突っかけられました。この後の2五歩は勉強になりますね〜。角頭に自然とプレッシャーをかけています。そして2筋に飛車を戻します。


自分なら3筋のままにして囲いを優先しそうな所です。なるほどな〜

しかしここから鋭い反撃の△4五歩!


この後の△8六歩を歩で取ってしまうと桂を跳ねられ技が決まってしまいます。

ここは同銀が正解。

NHK杯将棋トーナメント準々決勝、広瀬章人 竜王と郷田真隆 九段戦の棋譜

さらに桂を跳ね攻める広瀬章人 竜王。次の桂跳ねが王手金取りになるので厳しいので守るしかない所。角を打ちました。その後の郷田真隆 九段の飛車先の歩を突き捨ててからの▲7三桂で相手の攻めの桂を清算するという考えは浮かびませんでした…



お互いが攻め続ける激しい展開に

NHK杯将棋トーナメント準々決勝、広瀬章人 竜王と郷田真隆 九段戦の棋譜

NHK杯の良い所は持ち時間が少ないので普段の持ち時間の多い対局よりも、割り切って激しい将棋になりやすい所です。見ていてハラハラしますよね〜!

さあ、今回の将棋もお互いが自分の主張を譲らず激しい展開になりました。


広瀬章人 竜王が△7七桂成とせずに△8五歩としたので▲6五桂と攻めて来ました。いや〜激しい…!
そしてこの桂を取ると飛車が取られてしまうので取れない…!

NHK杯将棋トーナメント準々決勝、広瀬章人 竜王と郷田真隆 九段戦の棋譜

なので銀を取るよりないのですが、▲7三成桂は気持ちの良い手です。

NHK杯将棋トーナメント準々決勝、広瀬章人 竜王と郷田真隆 九段戦の棋譜

そして桂を打って金銀両取りの気持ちの良い展開が続きますが△8七歩成に対して4三成銀が良くなかったようです。
ここは飛車に狙いをつけて▲9六銀打と行くべきだったのかもしれません。

ピヨ将棋より
#指し手[-1253] 悪手 ▲4三桂成 △同金 ▲2四飛 △3二銀打 ▲2三銀打 △8八と ▲3二銀 △同玉 ▲3四銀打 △同金 ▲同銀 △4二銀打 ▲5九玉
#推奨手[135]▲9六銀打 △1四角打 ▲2五歩打 △5五飛 ▲同角 △8八と ▲1一角成 △3三桂 ▲8八飛 △4五桂 ▲8一飛打 △5一桂打 ▲5八金 △5七桂成 ▲同金



疑問手の△7八と

NHK杯将棋トーナメント準々決勝、広瀬章人 竜王と郷田真隆 九段戦の棋譜
▲2二龍となるも攻めが少し遠のいた郷田真隆 九段。ここはゆっくり△8八とで十分だと解説の森下卓九段も言っていましたが、実践は△7八と。

確かに飛車は成込めますが、桂を打たされ守りも固められてしまった。

ピヨさんでもこのようになっていました。

#指し手[262] 悪手 △7八と ▲同玉 △8七歩打 ▲8九金 △3三角打 ▲5二銀打 △同玉 ▲3二龍 △4二歩打 ▲6八玉 △8八歩成 ▲2一龍 △4五飛 ▲6一銀打 △6二玉
#推奨手[-1168]△8八と ▲5二銀打 △同玉 ▲3二龍 △4二歩打 ▲2一龍 △4五飛 ▲5五桂打 △7七角打 ▲4三桂成 △同玉 ▲5八玉 △7八と ▲4八玉




実際これでも広瀬章人 竜王の方が厳しい気はする。



郷田真隆 九段の厳しい攻め

NHK杯将棋トーナメント準々決勝、広瀬章人 竜王と郷田真隆 九段戦の棋譜


この局面の攻めは色々あり、▲5五桂や▲5二銀などがあるが、直接詰めろをかける▲4四桂!

これは取るしかない所。

▲3三歩打ちなどは勉強になる手筋ですね!



NHK杯将棋トーナメント準々決勝、広瀬章人 竜王と郷田真隆 九段戦の棋譜

銀でしっかり守りますが、▲4四桂がさらに厳しい攻め。広瀬章人 竜王玉を追い詰めていきます。

NHK杯将棋トーナメント準々決勝、広瀬章人 竜王と郷田真隆 九段戦の棋譜

詰めろで迫っていく…

しかし金を引かれ、攻め方が見えない…

これはどのように攻めるんだろうと見ていると。


NHK杯将棋トーナメント準々決勝、広瀬章人 竜王と郷田真隆 九段戦の棋譜

▲5六桂打!これは△6一金と取ったとしても▲4四桂でまた詰めろが続きます。

いや〜厳しい…

仕方なく反撃を試みますが…

決め手の金打

NHK杯将棋トーナメント準々決勝、広瀬章人 竜王と郷田真隆 九段戦の棋譜
いきなりただの所に▲7三金打!

詰ましにいきました。

決め方も鋭かったですね。龍の効きを活かして▲8五桂からの▲8四歩打。

最後はカッコ良く▲9三桂成で投了となりました。

NHK杯将棋トーナメント準々決勝、広瀬章人 竜王と郷田真隆 九段戦の棋譜

まとめ

序盤から囲いを作る前に戦いが始まる将棋が増えていますが、今回は特に激しい斬り合いになりましたね。

とても見ごたえのある将棋でした!

そして郷田真隆 九段の剛腕を感じる重厚な攻めが見ごたえがありました。


準決勝の森内俊之 九段戦も楽しみですね。



豊島将之 王位・棋聖と羽生善治 九段戦の棋譜はこちら




それではまた。



その他の将棋の記事はこちら。

夫婦2人で1つのふたりごとブログ。日常の内容から、アニメ、ゲーム、雑貨からTwitterの内容まで。



コメント