郷田真隆 九段対森内俊之 九段戦の棋譜 羽生世代の同窓会ベスト4 NHK杯将棋トーナメント準決勝

NHK杯テレビ将棋トーナメントを毎年楽しみに見ているottoです。

今期もついに準決勝の段階にきましたね!


今までの放送で、ベスト4には

森内俊之 九段

丸山忠久 九段

・羽生善治 九段

・郷田真隆 九段


の4名となりました。若手が勝ちあがらず、羽生世代の4人が残ったこともあり、世間では同窓会では!?と盛り上がっていました笑

きっとファンも喜んでいるはず✨


今回は郷田真隆 九段森内俊之 九段戦をまとめたいと思います。


第68回NHK杯テレビ将棋トーナメント準決勝第2局

対局のルール

振り駒にて先手後手を決める。持ち時間は各10分(チェスクロック使用)、切れたら一手30秒の秒読み。その他に1分単位で10分間の考慮時間あり。


郷田真隆 九段森内俊之 九段戦。棋譜





力戦模様へ

郷田真隆 九段は角換わりを目指していましたが、森内俊之 九段はそれには乗らず、銀を繰り出します。歩交換と、角を交換した郷田真隆 九段は2手遅れている事になる為、それを咎める事が出来れば優位に進めることが出来ます。


郷田真隆 九段対森内俊之 九段戦の棋譜 羽生世代の同窓会ベスト4 NHK杯将棋トーナメント準決勝

しかし△2四歩はビックリしました…!
▲同飛には△3五角打で馬が作れますし、郷田真隆 九段この歩をタダでは取れません。

郷田真隆 九段対森内俊之 九段戦の棋譜 羽生世代の同窓会ベスト4 NHK杯将棋トーナメント準決勝

このまま銀冠に組まれると先手としても面白くない為▲4六角と打ちましたが、△2三金〜△3三銀と受けました。

いや〜早指しならではの立ち回りですね。なかなか見ない形になりました。

森内俊之 九段、振り飛車へ

郷田真隆 九段対森内俊之 九段戦の棋譜 羽生世代の同窓会ベスト4 NHK杯将棋トーナメント準決勝

郷田真隆 九段の攻めを受け止める為に△2二飛と回りました。
形は良いが玉が薄い森内俊之 九段。神経を使う展開となりました。そのまま▲3七桂と力を溜めてからの▲2五歩とさらにせめてから▲8五飛と回り攻め続けます。

なんとか△8二歩打と耐えますがさらに▲6六銀と攻めて行きます。

郷田真隆 九段対森内俊之 九段戦の棋譜 羽生世代の同窓会ベスト4 NHK杯将棋トーナメント準決勝

この局面も受けが難しい所…次に▲5五銀と来ると厳しいので△5四歩と妥協し受けました。ぴよ将棋では△2七角が推奨されていました。

#指し手[581] 悪手 △5四歩 ▲3八金 △6二玉 ▲7五歩 △7一玉
#推奨手[-279]△2七角打 ▲7五歩 △同歩 ▲同銀 △7二金 ▲7四歩打 △6四銀 ▲同銀 △同歩 ▲同角 △3六角成 ▲6五銀打


怪しい△1四金

郷田真隆 九段対森内俊之 九段戦の棋譜 羽生世代の同窓会ベスト4 NHK杯将棋トーナメント準決勝
飛車成りを狙う△1四金と指しましたが、金がそっぽを向いてしまった上、先手玉の方が硬く、後手の飛車が成り込めてもさほど厳しくはありません。むしろ相手の▲7五歩が厳しくなってしまいました…


郷田真隆 九段対森内俊之 九段戦の棋譜 羽生世代の同窓会ベスト4 NHK杯将棋トーナメント準決勝
その後▲6四角と更なる活用も出来て郷田真隆 九段が好調に攻めます。
△4一玉と受けましたが、ここでどう指すのか…

さらなる攻めの▲6五桂

郷田真隆 九段対森内俊之 九段戦の棋譜 羽生世代の同窓会ベスト4 NHK杯将棋トーナメント準決勝

全く攻めの手を緩めない郷田真隆 九段。銀が出るよりも桂の方が次の▲5三桂成が厳しく受けに回ざるを得ません。形は悪いですが△5三飛と受けるしかない所。

郷田真隆 九段対森内俊之 九段戦の棋譜 羽生世代の同窓会ベスト4 NHK杯将棋トーナメント準決勝


緩急自在の攻めを見せる郷田真隆 九段は▲4六角を引き今度は2四の金狙い。



郷田真隆 九段対森内俊之 九段戦の棋譜 羽生世代の同窓会ベスト4 NHK杯将棋トーナメント準決勝
更に角を捨て銀取りに狙いを定めて猛攻!
銀との交換になった後どう攻めるのか…


郷田真隆 九段対森内俊之 九段戦の棋譜 羽生世代の同窓会ベスト4 NHK杯将棋トーナメント準決勝


△6四歩と打ちましたが、果たしてこれで桂取りが間に合うのか。

ぴよ将棋でも悪手と評価されていました。やはり攻め合いの△3六歩の方が良かったのかも知れません。

#指し手[1209] 悪手 △6四歩打 ▲3四銀打 △2二歩打 ▲4三銀成 △6五歩 ▲5二成銀 △同玉 ▲3一飛打 △4一銀打 ▲1一飛成 △6六歩 ▲同飛 △9五角打 ▲5八玉
#推奨手[331]△3六歩打 ▲6一銀打 △2二飛 ▲7二銀成 △同飛 ▲5三桂成 △6四角打 ▲4二金打 △同飛 ▲同成桂 △同玉 ▲6二飛打


巧みな攻め筋

郷田真隆 九段対森内俊之 九段戦の棋譜 羽生世代の同窓会ベスト4 NHK杯将棋トーナメント準決勝
このタイミングで▲2四歩と攻められるのはやはりプロですよね〜絶妙なタイミング。
△6五歩と桂を取られても金を取れる上次の桂取りが厳しく、桂が手に入ると▲6四桂打の手が生じて飛車金両取りが掛かります。
△2二金と引くと▲3四歩がある為、金で取るよりない所。


郷田真隆 九段対森内俊之 九段戦の棋譜 羽生世代の同窓会ベスト4 NHK杯将棋トーナメント準決勝

そこからの銀の割打ち!
いや〜厳しい…

郷田真隆 九段対森内俊之 九段戦の棋譜 羽生世代の同窓会ベスト4 NHK杯将棋トーナメント準決勝


そして王手金取りが掛かりました。先程の歩打ちの効果ですね。ですが、ここで後手の反撃の一手がありました。


反撃の△4二角打ち

郷田真隆 九段対森内俊之 九段戦の棋譜 羽生世代の同窓会ベスト4 NHK杯将棋トーナメント準決勝

反撃の角打ち。8六の飛車に当たっており尚且つ飛車を取ると王手にもなる一手。
▲7七銀と引いたので難しい局面になって来ました。

△9五角打ちが王手飛車取りになる所だったのでその筋を未然に防いだ一手です。

ぴよ将棋の評価では以下のようになっています。
#指し手[-297] 悪手 ▲7七銀 △3五金 ▲3六歩打 △3四金 ▲2一飛成 △3一歩打 ▲1一龍 △8五桂打 ▲7六飛 △7五歩打 ▲5六飛 △7七桂成 ▲5四飛 △6三玉
#推奨手[1138]▲2四飛成 △8六角 ▲同歩 △8九飛打 ▲7九歩打 △6六歩 ▲5四龍



郷田真隆 九段対森内俊之 九段戦の棋譜 羽生世代の同窓会ベスト4 NHK杯将棋トーナメント準決勝

しばらく難しい局面が続いた後の秒読みの中で指された△8九角打。
これには▲7九歩打と底歩が打てる形なので良くないと解説でも言われていました。
解説では△7七桂成 ▲同金 △8八角打ちの方が良かったのではとの事。次の金取りが王手になる為、△8九角打よりも更に厳しい一手です。

ぴよ将棋では△4四角打が推奨されています。

#指し手[870]△8九角打 ▲7九歩打 △3六歩打 ▲8一龍 △3七歩成 ▲同銀 △4五桂 ▲4六銀 △同金 ▲同歩 △7七桂成 ▲7二龍 △6二金
#推奨手[734]△7七桂成 ▲同金 △4四角打 ▲7八金 △3一歩打 ▲3六歩打 △7七銀打 ▲7九金 △7八銀打 ▲3三と △同角引 ▲3五歩 △7九銀



ここからは優位に立った郷田真隆 九段の厳しい攻めが続き受けきれなくなり、そのまま押し切り勝利となりました。

決め手は▲5四飛とただの所に飛車が出ましたが、取ると自玉が詰んでしまう為取ることが出来ません。

郷田真隆 九段対森内俊之 九段戦の棋譜 羽生世代の同窓会ベスト4 NHK杯将棋トーナメント準決勝

最後は実践詰将棋のような形になりました。


郷田真隆 九段対森内俊之 九段戦の棋譜 羽生世代の同窓会ベスト4 NHK杯将棋トーナメント準決勝

全部精算すると綺麗に詰みの形になります。

郷田真隆 九段対森内俊之 九段戦の棋譜 羽生世代の同窓会ベスト4 NHK杯将棋トーナメント準決勝

▲5一角打を見て森内俊之 九段の投了となりました。
以下同玉に▲5二金打ちからの詰みです。


まとめ


序盤からあまり見ない形になり力戦模様の将棋となりましたが、流石剛腕の郷田真隆 九段の指し回しでしたね!歩の手筋も多く勉強になる一局でした。

△1四金以外の手を指していればまだまだ戦える状態だったのかなと思います。




さて、いよいよ次回の放送で決勝戦になります。
羽生善治 九段対郷田真隆 九段との事で、とても楽しみです。



ギリギリの白熱した戦いを期待します。



それではまた次回。





その他の将棋の記事はこちら。

夫婦2人で1つのふたりごとブログ。日常の内容から、アニメ、ゲーム、雑貨からTwitterの内容まで。



コメント