[ヴァイオレット・エヴァーガーデン] 6〜8話感想。この過去回想は…

引き続きヴァイオレット・エヴァーガーデンを見ています。



公式HPより


6話感想


ヴァイオレットちゃんがどんどん優れたドールになっていく✨

自分に与えられた役目と自覚し、遂行していく。

仕事を素晴らしい事と感じられ、自分が相応しいかどうか考えるように。


リオンにとっては普通のただの女に見えてるんですよね。

そりゃあそうです笑だって可愛いですし!!

200年周期のアリー彗星

見たくないか!?とデートに誘うの可愛いなぁパンがボロボロ…ww


そして家族の愛について学んでいくヴァイオレット。 


寂しい。という感情を理解していく…


少佐と離れて寂しいと感じていたと理解した


そして彗星の描写と音楽の融合。

実に美しいなぁ〜✨


リオンが引きこもりから一歩踏み出すきっかけをヴァイオレットが作ったと思うと、
現実世界のみんなもきっと勇気を貰えた人が多いんじゃなかろうかと感じました✨


どこかの星空の下で二人はまた出逢えるんだろうか?そんな事を考えるとほっこりするエンドでした☺️

7話感想



オスカーさんただの酔っぱらいじゃん😅

俺は飲まないと書けない!明日からにしよう。

ヴァイオレットちゃんの
困ったお方ですね。


いやぁ〜言われてみたいこの台詞笑


卵を割った事のないヴァイオレットちゃんのカルボナーラ!


癒やされる✨

この回も家族愛がテーマかな?


相手を思いやった上でキチンと忠告をする。なかなか出来る事ではないです。


少しずつ距離を縮めるヴァイオレット。


なんて心が綺麗な少女なんだろう。

戦争ではあんなに凄かったのに。


今までは心がないような日々だったからかな。


物語に感情移入して、先を知りたがる。


そして傘の描写。

オリーブの物語が完結しないなんて!?
素直なヴァイオレットにオスカーさんが話し始めて分かる事実


小説の先が書けなくなった理由が娘さんが亡くなった事だったなんて…


それは仕方ないなと思ってしまった。

大切な人との別れが寂しく辛い事を知るヴァイオレット。
また人の心を知って成長していく。

傘を翼にして池の木の葉の上を歩くシーンは美し過ぎて言葉が出ませんね。

傘でふわっと浮いた描写からの、ブーツで木の葉の上を本当に歩けている!?

娘さんの心残りかも知れなかった父との会話のいつかきっとをヴァイオレットが叶えてくれたんですね。

1話の頃では考えられない展開です。


神様なんていないと思っていたけど、いるとしたら君の事だろう。


やっぱり物語を書く人は言う台詞もお洒落ですね!
この後からだんだんと展開が重たく…

あああ〜もう武器の人形ではなくなってしまったヴァイオレット。

自分のしてきた事を理解してしまった。


仕方ないとは言え辛いですね。 

ギルベルトが亡くなった!?
うわぁあああ知ってしまったか

これでドールやってけんのかな😱

8話感想


ギルベルトを探しに実家へ。
やっと過去の回想へ

言葉すら喋れなかった少女。 
戦場でのヴァイオレットの強さが凄かった〜

あんな可愛いのにギャップ萌えというやつですね。



そして



少佐の墓が😭


君は道具ではなく、その名が似合う女性になるんだ。


読み書きを覚える為に毎日報告書を出していたらしい。

どうりでヴァイオレットの書く文章が硬かった訳だ!



そしてブローチのシーン。
1話の冒頭がここに繋がるのね〜✨

ホッチンズ中佐との話がドールのきっかけになったって事かな?




最後の作戦でこの展開わぁあああああああああああああああああ



少佐ぁああああああ!!!


次の回見るの辛いな〜これ😭






続きはこちら

他のアニメはこちら

コメント